筑波大学が総合大学であることを活かすための学生サークルです。大学に入ったけど、大学生らしいことしていないなという人へ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
3月ケンガクのご報告
筑波大学が総合大学であることを活かすための学生サークルは、2007年度に発足しました。

2007年度の締めくくりとして、3月は卒業研究発表会を行いました。

ごたごたした時期ではありましたが、参加者は全部で16名!

参加者に好きな歴史上の人物を聞いたところ、
坂本竜馬、山際先生、アルゴア(米)、北里柴三郎、真田幸村、松下幸之助、ダライ・ラマ、マツオスズキ、渋沢栄一、忽那氏(藤原道長の血をひく水軍)という感じでした。

ちゃんと報告すると、膨大です。でも、それぞれ濃いので、じっくり読んでみてください。

No1.「京都議定書の遵守手続きと国内措置」
By 国際総合学類卒業生(Aくん)


国際関係学の国際法に興味を持ったということで、日本が世界に発信した京都議定書について守れなかったらどうなるのか?国内ではどういう取り組みが進んでいるのか?という話をしてくれました。

国内では「地球温暖化推進法」「省エネ法」で対策を講じているそうですが、6%の削減目標の達成はかなり難しい状況であるということです。
みなさん、車に乗らないようにしましょう! 

でも、国内で排出されるCO2のうち、家庭から出るものはなんとたった

10%だなんてみなさんご存知でしたか?
他にも、国際総合学類がどんなとこかも説明してくれました。
なんとAくんは、4月からは法科大学院へ進学されるそうです!
国際総合学類には、よその法学部も含まれていたんですね(@_@;)

ということで、
「法科大学院」もうすぐはじまる「裁判員制度」についても、お話してもらいました。
聞けなかった人は残念ですね~。ちなみに、会場内の多くの人が知らなかった裁判員制度は、
2009年の5月から重大な刑事事件の裁判員として駆り出されます。
これらの制度に対してのAくんの考えは、さすが法曹界を目指す学生だな~という素晴らしいものでした。

No2.「疑問文の文末イントネーション
-文末に「か」のつく疑問文と会話の環境との関わりについて-」
By 日本語・日本文化学類卒業生(Bさん)

iitomo-presen

日本語・日本文化学類(通称ニチニチ)の人と初めて会ったという人もいたでしょう。

まして、卒業研究を聞いたなんて、とっても貴重な体験をしましたね。

ニチニチの卒業研究はいろんなことがやられるそうで、今回のBさんの発表もまた、ニチニチの中でもユニークな研究だそうです。

なお、Bさんは今後この研究を深めるために、4月からは筑波大学の院の1年生だそうなので、今後はケンガクの院生代表として活躍してもらいたいと思います。

研究のきっかけですが、外人用の日本語教材の音声を仕事柄聞いておりまして、不自然なぐらい文末上昇されていたのが気になったためだと言っていました。

異文化をに触れることで改めて自文化に関心を持つという、パターンです!

ん!? こ、こ、これは!

ケンガクが目指すところではないですか!
他分野の学問・人に触れることで、改めて自分の分野への関心を高める!

このサイクルができあがれば、他分野の面白い話を聞いたり、自分の分野のプレゼンをする中で、参加者もプレゼンターも楽しく、プラスになるという。。。

Win-Winの法則!
(知らない人は調べよう!社会人の常識です)
3kengaku-winwin

脱線しましたが、本線に戻り、内容についてですが、初対面の時、丁寧になる時など、ちょっとあらたまった時には、上昇するんですね~。そして、それはどちらかというと女性の方が頻度が高い。

女性は他愛ないおしゃべりの中で、自然と何かを掴んでいるんですね。感心。感心。

この研究はまだまだ奥が深く、院に行っても研究するそうなんで、みなさんBさんのお手伝いをしてあげましょう!

ん、してくれるかな?
「いいとも~!」
後日募集をかけるかもしれないとのことです。

No3.「ダム水源地におけるかび臭物質産生生物と環境因子の関係解析」
By 生物資源学類卒業生(Cさん)

3kenngaku-st

とっても、理系の話でしたね。医学の私はついていけましたが、

文系の人は(-_-)zzzでしたね(笑)

実際に現場に行って、いろいろな調査をする、FW(フィールド・ワーク)がしたかったということで踏み込んだ研究だそうですが、とっても情熱があり、みんなに伝えようとするやさしさが感じられましたね。

水の変な臭いにつながる物質は、主に2-メチルイソボルネオールやジェオスミンということなのですが、
それを出すのが植物プランクトン系なのか、放線菌なのかという研究をされたそうです。

結果的に、原因は特定できるものではなく実用的なものは導くことができなかった研究だったということなのですが、その辺が個人的には「素晴らしい」と感心しました。

大変な努力と時間を費やして出てきた結果であっても、やっぱりすぐには世の中を変えるような結果にはならないんですよね。それでも、こつこつと自分にやれることを繰り返し、雨の日も雪の日もサンプルを採取しに現場へと足を運ぶ。

そのへんが研究者のかっこいいところですよね。尊敬します。
周りになんといわれようとも、世間がどう騒ごうと、自分のやれることをたんたんとこなす。

しぶい。

そんな基礎研究をないがしろにする現在の風潮には警鐘を鳴らさざるを得ないですよね。
大学から、世の中から学問を奪わないでくれ~

No4.「映像表現におけるアクションの可能性(?)」
By 体育専門学群卒業生(黒田さん)

krd-presen

まさか、「双龍」や「双龍伝説」の裏側にこんな秘密が隠されていたとは!
双龍」の反響を受けて作られた「双龍伝説」も必見です!
アクションの可能性って、ほんとまだまだありますよ。

最近はCGが多くて、アクション俳優の居場所がなくなりつつあるとは思いますが、二人にはその逆境を乗り越えて、ハリウッドまで行ってほしいですね。

総合大学としての筑波大学の強みを、この映画「双龍」では十分に発揮しております。そういう意味では、黒田さんはケンガクの先輩です。

いろんな分野の学生の協力なくして、この映画はできあがらなかったと言っていたのが、ケンガクを立ち上げた者としてはとても印象的でした。

ケンガクでも、みんなで何かを作り出してみるのもアリですね。

双龍」は全国のTSUTAYAにて、レンタル可能なのでみんなで見て応援しよう!今回のコンテストで1位になると、メジャーデビューっす!
筑波大からハリウッドスターを輩出し、今回もらったサインを家宝にすべし。

ということで、注意!
3月ケンガクでサインをもらわずに帰ってしまった人は、連絡ください。お渡しします。
3kengaku08


長編レポートになりましたが、参加したみなさん感想、つっこみ、コメントお願いします

コメント

管理人にのみ表示

3月ケンガクお疲れさまでした^^!!
副代表のやすぴーです。

3月ケンガク、お疲れさまでした。
個人的には、今回も盛りだくさんな内容で、しかもたくさんのすてきなゲストさん達が来て下さって、充実していたなと思います。
特に、双龍伝説の黒田さん兄弟と直接お話ができたこと、サインを頂けたことは大きかったです。
ケンガクは、これからも(これから!!?)、双龍伝説の「第1」スポンサーになっていきたいですね!!
また、面白い企画を続けていけるよう、私もがんばりたいなと思いました。

★ちなみに、今回の皆さんからの寄付金は、
722yenでした!!
ご協力、本当にありがとうございました。
これからも、またよろしくお願いします。
やすぴー | URL | 2008/04/02/Wed 22:39 [EDIT]
お疲れ様でした
こんにちは。こちらでは始めまして。
普通では見られない他学の卒研を見られて、とてもいい体験になりました!
ジャンルもさまざまで、総合大学の底力を感じました。
次こそは、交流会にフルで参加したいです。
し、新歓のほうもなにかできればよいのですが・・・
| URL | 2008/04/02/Wed 23:33 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。