筑波大学が総合大学であることを活かすための学生サークルです。大学に入ったけど、大学生らしいことしていないなという人へ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
プチ医ゼミのご報告
2月23日、午後から行われた、千葉のたまごの会と東京のじぞうの会との、合同学習会
→プチ医ゼミのご報告です。

前半は、薬害肝炎の背景を、自主的に調べた学生からの発表でした。
そもそも肝炎とはなにか?
C型肝炎になるとどうなるのか?
治療法は?
血液製剤とはなんだ?
被害者たちが、訴訟をする目的とは?

という知りたかったポイントを抑えて、まとめてくれました。

一般的には、首相が動いて全て解決したかのように思えますが、実は国による救済が受けられるのは、被害者の1部であるという問題点は未だに残っています。
これからも、この件に関しては注目しなければいけません。
署名も集めているようでしたので、お手伝いできる人がいればぜひ。
アップデートされる情報はこちらで↓

薬害肝炎訴訟 全国弁護団ホームページ
http://www.hcv.jp/


後半は、被害者の生の声を聞きました。
薬で治るというものの、副作用は激しいものだった。
就職活動に大きく支障が出た。
周囲からの偏見・差別が、医療者の間でもあった。
金銭面でも不安があった。
そんな中でも、実名を公表して訴訟に加わった時に、後押ししてくれたのは、家族の支えがあったから。

箇条書きにすると、なんともないかもしれないですが、生の声で伝わってくるものは、心に響きました。



****NEWS ZEROの取材について****
1月下旬に、筑波大学の知人から、「先輩が、医学生の取材をしたいらしいんだけど、どうですか?」というメールが来て、もちろんOKです!というところから、話はスタートしました。

撮影当日以前に、制作会社の方がつくばまで来てくれて、何度か直接お話をしました。
制作側としては「医師不足について、医師のたまごの医学生はどう感じているのか?医学生は普段どういうことをしているのか?」というものを、世間に知らせたいということでした。

幸い?4年生ながらも、病院実習をしていたので、偏った発言もあったかもしれませんが、医ゼミでいろんな学生と話した経験から、医学生の代表として制作者の側に意見を述べさせていただきました。
その中で、やっぱり医ゼミの活動を取り上げて欲しいと思いましたので、ちゃっかり?お話しましたところ、ぜひそちらも取材させて欲しいということになりまして、今回の取材ということになりました。

一方で、医学生は医師になる前に何をしているのか?という点で、病院選びの就職活動があるということを話しました。その結果、病院実習をしている映像を取りたいということになりまして、実は23日の午前中はちょ~簡単ですが病院実習に行ってきました。

そこで、今回のレポーターと初対面。
口の中がここまで、渇いたことはなかったです。
出会いのシーンはきっと使われるので、「トウシロ」(業界用語?)のぎこちなさ満点のシーンを、みなさん笑ってください。

そして、午後がプチ医ゼミでの撮影でした。
なので、プチ医ゼミがどんぐらい使われるのかってのは、はっきりわかりません。
医学生だけが別室で集まって、レポーターと話したシーンは重要なシーンになると思うので、きっと使われるんでしょう。
その別室での会談?で、「医師不足について何を不安に思うか」ってとこでは、各医学生が自分の意見を述べましたが、わたくしは「当直明けの勤務が怖い」ということを強調させていただきました。
36時間連続勤務で、患者さんをしっかり診れるのかってのは、とっても不安です。当直を抜きにしても、週70時間も働くことが求められる状況というのは、少しでも改善したい。自分のためにも。患者さんのためにも。

移動はロケカーに乗せてもらったり、カメラマンやマイク係り、スタイリスト、マネージャーなど(正しい名称かわかりませんが)、普段見れない部分を多く経験できたので、とっても充実した1日でした。

何をどれくらいオープンにしていいのか?なんで、へんな報告になりましたね(笑)なんか質問とかありましたら、直接お聞き下さい。


薬害肝炎に限らず、被害者の生の声が聴ける機会があれば、みなさん積極的に聴きに行きましょう。心に響く体験は重要です。

代表 くってぃー

コメント

管理人にのみ表示

汐留より
全国ネットで、口をぼ~っと開けて、当直を恐れ醜態をさらしていた者です。
多くの皆さんが番組を見てくださったようで、感謝、感謝です。

どんな番組になるかもわからず、とりあえずアナウンスしてみたのですが、特に医療系以外の人にうまく伝わったか疑問です?
(放送時は生放送のスタジオ内にいたので、どきどきして個人的にはあんまり覚えてないんですが)

素朴な疑問もあるでしょうし、遠慮なくコメントしてください。

番組放送直後から、大きな反響があったようで、番組宛に届いた視聴者の声を一部見させてもらいましたが、番組終了時にはゆうに20通を超えるメッセージがあったようです。全国ネット恐るべしですね~。

なお、番組HP(http://www.ntv.co.jp/zero/)に今回の特集の一部が?Upされるらしいです。Upされたらまたここでコメントさせてもらいます。
「NEWS ZERO」で検索すると出てくるはずです。
くってぃー | URL | 2008/03/04/Tue 04:58 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2008/03/04/Tue 21:17 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。