筑波大学が総合大学であることを活かすための学生サークルです。大学に入ったけど、大学生らしいことしていないなという人へ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
1月ケンガクの報告
kanban-in-snow matsumi-snow
はじめての看板作りに始まり、はじめての看板撤収に終わった1月ケンガク。
地味に見えて、看板ってたいへんでした。

ちゃんとデジカメを持っていったのですが、写真を撮る余裕が無く、1月ケンガクの写真はこんなもんしかありません。ざんねーん!
写真好きの人に、写真係りになってほしいっす。

参加者は全部で、18名強となりました!
生物資源、比較文化、社会、国際総合、医学、医療科学、図書館情報の学生(+社会人)が寒い寒いこの日に、集まってくれました。参加してくれた皆さん、ありがとうございます。

残念ながら参加できなかったみなさんへ、賢謙楽学がどんなとこだったかそれぞれの言葉で、感想コメントをお願いします。

さて、学習内容に関してですが、
第一部「混合診療」の要点!
日本の医療制度では、保険診療(3割負担)と自由診療(10割負担)をいっしょにやる時は、

→10割負担  になってしまう!!

混合診療とは、保険診療と自由診療をいっしょにやった時に、
3割負担の部分と10割負担部分をわけて考えて、自由診療をやりやすくする診療です。

たとえば、入院費用は保険診療ですが(仮に100万円とする)、
入院しているときに、未承認の薬(仮に100万円とする)を使いたいって時は、保険診療+自由診療ってことになり、
現在の日本の医療制度では、
入院費用(100万円)+未承認の薬代(100万円)=200万円となります。
混合診療をOKにすると、
入院費用(100万円×3割)+未承認の薬代(100万円)=130万円となります。

つまり、混合診療をOKにした方が、未承認の薬を使いたい一部のお金持ちには出費が少なくなります。これだけの説明だと、患者さんのためには、混合診療OKの方がメリットがあるように感じます。

しかし、だがしかし、混合診療を認めることで、
医者は患者さんにあやしい薬を使うリスクを負うことになり、恐ろしい副作用を引き起こす原因にもなります。
また、本当に必要な治療法の認定を国が怠ることにつながり、お金のあるなしで受けられる医療に差が出てしまいます。
海の向こうの国のように、医療の世界にも格差が生じ、民間保険のグレードにより、二本切断した指の一本をお金がないためにあきらめるという時代が来るかもしれません(マイケルムーア監督「シッコ」見てね~)

だから、日本医師会や厚生労働省は混合診療には反対しています。
一方で、医療費を削減したい財務省や規制緩和という明目で医療の分野の市場を狙っている企業は賛成しています。

わたくしは、もちろん反対しています。今後の裁判のゆくえに注目です!

第二部「がん医療」の要点!
がんになる人は2人に1人!死亡原因の3人に1人!
《現在の日本では、年間100万人が死んで、生まれしてるわけです。もしお葬式のたびに買わなきゃならないCDが(千の風になって~♪)あるとすると毎年ミリオンセラーってことです》
交通事故で死ぬのは、5000人ぐらいで、自殺者は3万人。
《僕の小学校は、1学年100人ぐらいでしたが、その中で3人は自殺で生涯を閉じるって考えると、とっても悲しい、異常な世の中だと思うんですけど、わたくしだけですかね?》


そして、がんの治療法は3つ。
①切って取るか(手術)
②薬で全体攻撃か(抗がん剤)
③ピンポイントビーム(放射線療法)

そして重要なことに基本的に、がんは手術でしか治りません。


だから、手術で治るのは健康診断などでみつかる初期段階。
検診を受けましょうね~

で、かの有名な抗がん剤ですが、
がん細胞の特徴は、1.無限増殖 2.食いしん坊 3.引越し好き

抗がん剤は、食いしん坊であるというがん細胞の特徴を使っているので、髪の毛や胃や腸の粘膜などの生え変わりの早いところにも影響し、
脱毛、吐き気、便秘、下痢などの副作用を引き起こします。
(ちなみに、白血病も血液のがんで、世界の中心で愛をさけんでいる患者さんが髪の毛ないのは、抗がん剤のせいだと思っていいと思います。すなわち、あの脱毛は、病気のせいというか、抗がん剤のせいってことですね。)

第三部交流会の要点!
ここが、ケンガクの面白いところです。これに参加しないと、ケンガクに参加した意味が半減します。学生のやる講義や授業なんてたいしたことないっすから、正直。知識だけ得たいなら、TV番組の方がインパクトあって上手に教えてくれます。だからといって、妥協してるわけではないですけどね。交流会も参加された方は、第三部交流会のコメントを中心に感想をお願いしますっす。


今後の予定

2月「名刺で成功!名刺のマナーをまなーべ!」と題して、名刺の作り方を学び、実際に名刺交換の練習をしてみようかと思います。
3月「十人十色の卒業研究発表会」と題して、各学類の卒業生の叡智の一部を教えてもらいましょうかと考えています。卒業生で参加希望の方は、参加OKな日程をtsukuzemi@ヤフー.co.jpまで連絡下さい!

今回は、準備不足なところが多々アリ、たいへんご迷惑をおかけしましたが、今後もブログを中心に、ケンガクを優しい目で応援してください!
よろしくお願いします!

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。