筑波大学が総合大学であることを活かすための学生サークルです。大学に入ったけど、大学生らしいことしていないなという人へ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
11月ケンガクの報告
11月ケンガクは、参加者は全部で27名!
これ以上人が来たらどうしよう!?
と心の中では嬉しい悲鳴を上げていました。

20名以上分のカレーの材料なんて、買い込んだことは無く、ぶっつけでカレーがどうなるかヒヤヒヤ。。
(→結局、失敗した感じは否めないですよねすみません)

ちなみに、カレーに使用した具材は全て、JA(農協)で購入した、土浦・つくば産です。
買出しには4人で出かけたのですが、みな初体験のJAに大興奮。
さつまいもが5本ぐらい入って150円だったり、ちょ~巨大なレモンがあったり、

地元限定だと、カレーの具が寂しいかな~とか思っていたのも杞憂で、種類も豊富で値段も安くてびっくり!
スーパーだと地元の野菜は、海外のと比べて高くて、ついつい安いのを選んじゃうけど、

JAに行ってみて、地産地消の実践は思ったより簡単なんじゃないか?と思いました。安く売ってるのに、知らないだけ?? ぜひみなさんもお近くのJAに行ってみてください。
茨城がもっと好きになるかも?野菜が安いよ~

え~、クイズにしてたお米ですが、
お米は土浦産の「あきたこまち」の「7分付き」で精米してもらいました。
普段食べてるお米との違い、わかりました??

そして、学びの方ですが、
初めて利用した春日公民館の調理室で、最初から一般の人に叱られたり、てんやわんやしていて申し訳なかったですが、
みなさん!
新しい分野、新しい人との出会いが刺激になりましたでしょうか?
偏愛マップとの出会いも刺激的だったのではないでしょうか?(笑)

今回のケンガクの感想を載せますと、

・ただプレゼンでKJ法を行うだけでなく、カレーを一緒に作って食べるという楽しみ。気軽に話し合いながらはじめての参加だったけれど、また参加したいと思いました。(環境科学研究科)
・思ってた以上にたくさんの人が来ていてユニークな集まりになったと思います。環境問題についても考えられ、カレーも食べることができたので、有意義な勉強会になったと思います。(医学類)
筑波大の可能性を感じる会でした!!ありがとうございました(環境遊僕民)
・人数の多さにびっくりしました。大大大成功でしたね。さすがでした。環境の院生が多くてとても心強い議論ができました(医療科学)
・私は普段、環境についてあまり考えないで生きているな、ということにあらためて気付かされた。特別な知識のないエコについて、話し合えと言われたときは正直困ったが、実際やってみると様々なアイデア・意見が出て、すごく面白かった(社会学類)
・カレーがうすかったです。(笑)あとおもしろかった。(一般人)

他にも、体育専門、図書館情報、看護、国際総合、生物資源の学生さんが参加してくれました。

つづく・・・

コメント

管理人にのみ表示

書きかけですみません
つづく…の次を、
12月ケンガクが終わり次第、可及的すみやかに行いたいと思いますので、みなさんお楽しみに。。

ところで、昨日ニュースでやってましたが、
環境にやさしい暮らしには、地産地消が大事ですが、
場合によっては地元の物のほうが環境負荷が高かったりするそうです。

たとえば、茨城で野菜を買うときに、
茨城でビニールハウス内で栽培されたものより、九州で自然に栽培されたものの方が、環境負荷が小さかったりするそうです。

ちょっと、難しいですね。
旬の野菜を食べるってのが、体にも地球にも優しいってことで、まとめちゃっていいですかねぇ?
くってぃー | URL | 2007/12/08/Sat 00:46 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。