筑波大学が総合大学であることを活かすための学生サークルです。大学に入ったけど、大学生らしいことしていないなという人へ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
2009秋 各地の医ゼミ関連企画
他大学の医療系学生と語りたい人へ

筑波大学 医学6年 忽那一平です。
医ゼミ関連の企画がたくさんあります。もし都合があえばいかがでしょうか?

【10/10~12 愛媛 地域医療を感じよう】
10月10日(土)~12日(祝・月)
会場:愛媛県西予市立野村病院他
費用:6000円位(宿泊費&昼夕食費&交流会費を含む)
参加申し込み〆切 10月4日(日)24:00

【10/16 東京 医学生のキャリアパスを考える会第8回勉強会】
日時: 10月16日(金)18:30~20:30
場所: 東京大学 本郷キャンパス 医学部図書館3階333号室
講師: 井上和男先生(帝京大学ちば総合医療センター 地域医療センター教授)
参加費: なし(実費で懇親会あり)
懇親会参加の申し込みはお早めに

【10/17~18 東京 医ゼミ第6回全国準備委員会(通称6準委)】
分科会申し込み・参加申し込み1次〆切
10月3日(土)

【11/14~15 山梨 関東甲信越ポスト医ゼミ 】
分科会申し込み・参加申し込み1次〆切
10月9日(金)

いずれも詳細は
↓の方にあります。

気軽に質問などお寄せください。

どの企画もきっと素晴らしい学びと出会いがあるはずです。

--------------
筑波大学 医学6年 忽那一平
Skype ID ichironirotaro
mixi ネーム 「くつ ない」
医療を救う医っQ 
今年は12月5・6日
→http://medicalaction.tsukuba.ch/
--------------

*******************

【地域医療を感じよう 10/10~12】

今回は公立の病院(市立病院)の全面的な協力のもと企画させていただきます。公
務員の医療スタッフと関わる貴重なチャンスです。そして、FWも多く企画したた
め、陸の孤島と言われる地域で行われている医療を見て、感じられるチャンスに
もなっています。ぜひお誘い合わせのうえご参加ください。質問・参加の連絡は
最下部の連絡先まで直接電話かメール下さい。基本的には愛媛県松山市まで来て
いただいて、そこからはこちらが誘導します。交通手段等に関しましてはご相談
ください。申込締め切りを10月4日(日)24:00とします。

10月10日(土)~12日(祝・月)
会場:愛媛県西予市立野村病院他
費用:6000円位(宿泊費&昼夕食費&交流会費を含む)

愛媛のイベントの詳細: 

10月10日(土)~12日(祝・月)
会場:愛媛県西予市立野村病院他
費用:6000円位(宿泊費&昼夕食費&交流会費を含む)

10日
14:00受付開始
14:30開会式
14:50医ゼミ紹介
15:00信州医ゼミ振り返り企画
15:30愛媛県・西予市野村町の概要・医療状況について
16:00病院事務長さんのお話
17:00WS①(Workshop①)地域医療の現状と課題
18:30移動&入浴&夕食
21:00交流会
11日
8:30FW(Field Work)開始
8:30介護施設(つくし苑)見学&StaffへInterview
10:00訪問看護
11:30WS②地域医療の現状と課題について
12:00昼休み
13:00野村病院見学&StaffへInterview
14:30診療所見学(土居診療所、お話も含む)
16:30WS③地域医療の現状と課題
17:30Plenary Session全体討議
18:00移動&入浴&夕食
21:00交流会
12日
8:30WS④理想の地域医療についてのまとめ
10:30発表プレゼン開始
11:30全体発言・結果発表・講評・閉会式
12:30終了予定


問い合わせ連絡先
愛媛大学
医学部医学科5年青木一成

webkengaku-web2008 ☆ yahoo.co.jp

(☆を@に変えてください)


**********************

【10/16 東京 医学生のキャリアパスを考える会第8回勉強会】
「地域医療の2つの「学」~診療所医師が大学でしようとしていること~」

病院死が依然多い中、在宅医療も含め地域に密着した医療が脚光を集めています。
一方、研究者の不足などによる日本の学術的地位の下落も危ぶまれています。
そこで今回は、地域医療の現場で診療の傍ら研究活動を続け、現在は研究と学生
への教育をメインとなさっている井上和男先生(帝京大学地域医療学教授)をお
招きします。(詳細は参考欄)

大学の講義では聞けない「生」のお話を聞いて、一緒に考えてみませんか?
皆様奮ってご参加ください!!!

以下、日時と場所、簡単な予定です。

日時: 10月16日(金)18:30~20:30
場所: 東京大学 本郷キャンパス 医学部図書館3階333号室
アクセス: http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_01_j.html
講師: 井上和男先生(帝京大学ちば総合医療センター 地域医療センター教授)
参加費: なし(実費で懇親会あり)

プログラム:
1:地域医療の2つの「学」~診療所医師が大学でしようとしていること~
2:井上先生への質問タイム

なお、終了後には実費にて懇親会を予定しておりますのでぜひご参加ください。
先生も学生と飲むのを楽しみにしておられます。

勉強会参加希望の方は
http://students.umin.jp/apply.html
からお申し込みをお願いします!(PC専用)

携帯からは、大学名、学年、氏名、懇親会参加の有無を記載の上
doctorscareer ☆ gmail.com
(☆を@に変えてください)
までメールをお願いします。

*懇親会参加の有無の変更はお早めにご連絡くださいますようお願いいたします


<参考>
井上和男:自治医大の5期生として高知県山間の診療所でへき地医療に携わる。後
期研修中の海外留学で、「日常診療の場で得られた疑問や仮説について、その場
で解明する」Practice Based Researchを学ぶ。高知市内の病院ではホスピスも経
験した。Practice Based Researchを実践し、その成果が認められ、2003年に、東
京大学大学院医学系研究科公衆衛生学助教授に就任。その後、2009年5月に帝京大
学医学部教授に就任。

自治医科大学大学院での講義
http://lib-stream0.jichi.ac.jp/contents/all/200900000047.htm

***********************


【10/17~18 東京 医ゼミ第6回全国準備委員会(通称6準委)】
全国実行委員の信州大比嘉大です。

6準委を10/17(土)、18(日)に行います。
詳細については追って連絡しますが、参加集約を行います。
各地の代表さんは参加者の
・氏名 ・性別 ・学校、学年 ・専攻
・参加日、宿泊日  を記してお知らせ下さい。


加えて、6準委では分科会の出展を募集し、集約を行います。医ゼミ本番のリバイ
バル、新作何でもお待ちしてます。
・分科会のテーマ
・分科会紹介(100字程度)
を添えてお知らせ下さい。

締切は10/3(土)です。よろしくお願いします。


*******************


【11/14~15 山梨 関東甲信越ポスト医ゼミ 】

■日時
11月14(土),15日(日)

■講師
古屋聡先生
(山梨の地域医療を頑張っている若手の院長先生です。)

参加できる方は以下のアドレスにお願いします。

■集約受付(高橋)
→genki_genki_ikiteruyo ☆ yahoo.co.jp
(☆を@に変えてください)
・団体の代表者名 ・代表者の連絡先

・参加者個々のデータ
 ①氏名  ②大学  ③学科  ④学年  ⑤参加日  ⑥宿泊日

を記して送って下さい。

※分科会エントリーも同時に募集中です。
■分科会受付(重橋)
→orihakat108 ☆ yahoo.co.jp
(☆を@に変えてください)

①分科会のテーマ ②100字程度の内容

を記して送って下さい。


■集約・分科会
 一次締め切り   →10月9日(金)

この日に分かる範囲で良いので送って下さい。

タイムスケジュールなどの詳細は,決まり次第

ぜひ山梨にお越し下さい。お待ちしています。

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。