筑波大学が総合大学であることを活かすための学生サークルです。大学に入ったけど、大学生らしいことしていないなという人へ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
1月ケンガクのご報告
1月ケンガクは、筑波大学の裁判員制度スタートに合わせて新設された、模擬法廷で行われました!

参加者は全部で、18名!
地方裁判所の人には30名ぐらい来る!といっていたんで、冷や汗もんでした。。

裁判員制度をいろいろ学べました。


証言席から見ると、裁判員は怖い。。
hikokuninn_in_court_20090130

裁判員席に座るケンガクメンバー
saibanninn_in_court_20090130

まず最初に、社会学類のKさんからのプレゼンがあったのが良かったです。
ナイスプレゼン!(ちなみに彼女が立っている位置は、書記官の位置だそうです)
present_in_court_20090130

要点中の要点をまとますと
・裁判員制度で裁判に選ばれる確率は300~500分の1ぐらい
(都道府県ごとに違いあり)

・選ばれると基本的に参加しなければいけないが、2段階の適性を調べる選抜がある!

・対象となる裁判は殺人事件などの重大事件のみ。その現場の写真などを見て判断する必要性もある。(一般の人にとって、トラウマとなる危険性あり)

・障害者は選ばれても辞退できるが、参加したいという場合の対応はできなさそう。

→全体に対応は後手後手。

(文末↓
つづきを表示の部分に私が取ったメモ全部を掲載しておきます。)


全体を通して感じたことは、現場の意見を取り入れてできた裁判員制度ではなく、トップダウンの現場を見ていない制度だということを感じました。

詳しくもっと真面目に学びたい人は
http://www.saibanin.courts.go.jp/

WEB SPA! Mr.パスカルの報告書
音声が出て楽しく学べます!?

http://spa.fusosha.co.jp/pascal/ent_4376.php

しんみり学びたい場合は



これは、後期高齢者医療制度だったり、介護保険制度だったり、障害者自立支援制度だったりと同じですね。

実際行われることで生じる、負の部分はなんとかなるだろう!って感じの見切り発車が、国会を通過してしまう。
国会なんていい加減なものだと改めて思いました。

でも、そこに失望するのではなく、現実を見つめて、じゃあ、国会を改善するためには・・・って行動すると、まずは「選挙」、「自分の住む市町村の議会」がどうなっているかってところに自然と目がいきます。

ということで、
変えなきゃつくば
http://change.tsukuba.ch/

2/6(金)19:00~
「平成大合併のメリットと裏にある財政破綻の危険」

皆さんのご参加お待ちしております!

以下私が取ったメモです。

裁判員候補者名簿に登録(茨城県7600人、319人に1人の割合)調査票、
学生、70歳以上、自衛官、法律学者、介護者は辞退できる。
それぞれの判断は、裁判所ごとに決定。

「介護施設に入所している母がいる」は認定されず。

1事件で、50~100名呼び出し、事前質問票が6週間前まで送付、8名→6名の裁判員+3名の裁判官で評議会

7割は3日以内で終わるように工夫される。
選ばれたら
10~5時?は拘束されるが、途中の休憩時間で外部と連絡取ったりはできる。日当1万円弱、遠方の場合は宿泊費は支払われる。
証拠でのみ判定、質問があれば質問もできる。
茨城県はこの5年間ぐらいで対象事件は、年間114件、9割は2~3日の審理期間で終わるだろうという予測。
あらかじめ争点を絞った状況で、裁判員登場することで、スピード解決を図る。

以下質疑応答
・裁判は茨城県ならばどこで?
水戸地方裁判所で行う。

・障害者の参加は?
東京地方裁判所では考えているが・・・
まだ、答えは出ていない。
辞退することはできる。

・年間平均114件×3日、だとすると一つの裁判所では足りないのでは?
たしかにそのとおり。。まだ対応は考えていない。

・自分の娘などには殺害現場などの映像を見せたくないし、自分も見たくないが、そういう理由で辞退することはできるのか?
PTSDに対しての対策はできていない。現段階ではわからない。

・誰が裁判員制度をやりたいのか??
H.13 内閣の司法制度改革
H.16 国会で提出され承認された。

・なぜ重大事件に限定するのか?
社会的な関心の高い事件を裁判員にやってもらうことで、市民に法に触れてもらう。

・死刑を言い渡したくない。
徴兵制度では人に害を与えることを強いた。
裁判員制度も同じように、間接的にではあるが人に害を与えることを強制する制度。


コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。