筑波大学が総合大学であることを活かすための学生サークルです。大学に入ったけど、大学生らしいことしていないなという人へ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
臓器移植支部 活動報告とメンバー募集
今回はこの臓器移植支部の経過報告と、メンバー募集についてです。


皆さんは今年の7月から臓器移植法が改正されることをご存知ですか??

知っているという方、じゃあ具体的にどう変わったかはご存知ですか??

今度の改正では日本の臓器移植は劇的に変わります。

極論を言うとドナーカードを持たない人は、
自身の意思とは無関係に臓器提供することになる(ドナーになる)という非常に大きな変化です。


臓器移植支部は、臓器移植に対する意思表示の大切さを知ってもらうために活動しています。


臓器移植の意思表示=「臓器を提供するという意思」だと思われがちですが、

臓器提供をしたくない、臓器提供はしたいが眼球は嫌だなどというのも立派な意思表示です。
今回の法改正では、臓器提供をしたくないという意思表示がとても大切になってくるのです。


では、私たちが実際にどんなことを行っているか

→啓発のための映像制作とそれに向けた勉強会

with茨城県の臓器移植コーディネータ・茨城腎バンクの方々




映像の対象は県内の小中学生で、臓器移植というものについて知ってもらい、

家族間で臓器移植について話す時間を作ってもらうことを目的としています。



これまで約2カ月、「臓器移植とはどんなものなのか??」

といった勉強会を数回にわたって行ない、臓器移植についての知識を深めてきました。


そしていよいよ2010年1月から、シナリオ作成、実際の映像作成へとすすんでいくことになっています。


ほかにもフリーペーパーのデザインや、

ドナーカードの普及啓発活動・自動販売機のデザインなど、

さまざまな活動を行っていく予定です。



という活動をしている臓器移植支部なのですが、

年明けからの本格始動にむけて、ここで最後のメンバー募集をします。

つづきを表示
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。